「となりのナースエイド」への出演者のコメント | 気になる話題のニュース

「となりのナースエイド」への出演者のコメント

アフィリエイト広告を利用しています。

「となりのナースエイド」への出演者のコメントテレビドラマ

となりのナースエイドが放映開始になりますが、出演者がどう思っているか、どんな期待をしているのか、そんな事を知りたくて調べてみました。

出演者からコメント

川栄李奈のコメント

川栄李奈さんは、撮影がいよいよ始まりました!初日は緊張しやすいものですが、共演したことのある高杉さんとのシーンからスタートだったので、安心して撮影に臨める不思議な空気感があり、最初からリラックスしていて嬉しいです。

また、高杉さんとの楽しい会話のシーンから始まりましたが、澪は時々早口になります。これまで早口の役を演じたことがあまりなかったし、難解な医療用語も言うことがなかったので、何度も練習して、澪のテンポを体に染み込ませてきました。

さらに、ナースエイドチームとの楽しいシーンも近日公開されるキャストの皆さんとどう作り上げていこうか、ワクワクしています。澪の秘めた過去もだんだんわかってくるのですが、そこで見えてくる普段の彼女とのギャップも表現していけたらと思います。ぜひお楽しみにしてください。

高杉真宙のコメント

高杉真宙さんが主演するドラマ「となりのナースエイド」について、彼自身がコメントを発表しました。

高杉さんは、「今作で川栄さんとの共演が約6年ぶりですが、間が空いたという感じはせず、むしろ気楽に演じられたと思います」と述べています。

また、「外科医役は初めてで、しかも大河は天才的な技術を持っているということで緊張もありますが、この作品の『人間ドラマ』の部分を大切に演じたいです」と、彼が演じるキャラクターである竜崎大河について語っています。

さらに、「竜崎大河は外科医としての腕は一流ですが、手術の成功が最優先で患者の気持ちよりも冷静な人物です。しかし、彼も澪と同様に秘密を抱えているので、普段の生活では意外な一面が見られます。視聴者の皆さんにも楽しんでいただけたらと思います」と、視聴者へのメッセージを送っています。

矢本悠馬のコメント

矢本悠馬さんのコメントによれば、彼が出演するドラマ「となりのナースエイド」では、相馬というキャラクターがナースエイドチームの活気ある会話にもスムーズに参加できるおとなしいがコミカルな存在だと述べています。矢本さんはこれまでムードメーカー的な役が多かったが、今作では少し受け身で、てんやわんやな同僚たちに影響されていく雰囲気を演じたいと考えています。

また、撮影の合間には川栄李奈さんとの楽しいオフトークが公開されました。矢本さんが自在に身長を操る話題で笑いが絶えない、とても楽しい映像です。

吉住のコメント

吉住さんは、「『となりのナースエイド』の小野夏芽役を演じることについて、脚本のオークラさんが私のコントを見てくださったこともあり、私のコントに出てきてもおかしくないような変なキャラクターです。ほぼ当て書きのような感じです(笑)。夏芽は嫌な人ではなく、でもすごくいい人でもない、クセのある面白い女性で、彼女なりの芯と正義を持っています。」と述べています。

また、撮影合間の川栄李奈さんとのオフトーク映像が公開され、矢本さんの“身長を自由に操る”トークが展開され、川栄さんが笑いを止められないほど楽しいオフトーク映像が公開されました。

上杉柊平のコメント

上杉氏は、「このドラマのオファーを受けた時、医療系のドラマだと思っていたので、普段使わないような医療用語や表現に苦労するのではないかと心配していました。しかし、実際に脚本を読んでみると、医療に関わることなく、別の視点からの役柄であることがわかりました。それが非常に面白い切り口であり、今後の展開や自分がどのように関わっていくのかについても、非常に楽しみにしています。」と述べています。

織田梨沙のコメント

織田さんは、「明菜は看護師としての誇りを持ち、患者さんの命を平等に守るために秩序を重視する真面目でまっすぐな一面を持つ人です。そのため、医療資格を持っていないナースエイドやルールを守らない人には冷たい態度をとってしまう、ある意味人間味溢れるキャラクターだと思います。」と述べています。

また、撮影の合間には川栄李奈さんとの楽しいオフトーク映像が公開され、織田さんの「身長を自在に操れる」というトークが展開され、川栄さんの笑いが止まりませんでした。

あかせあかりのコメント

彼女は、「私が演じる五十嵐ちえみは、看護師であり、ナースエイドという職業にあまり良い印象を持っていません。私自身、これまでナースエイドという職業が存在することを知りませんでしたので、最初はイメージが湧きませんでしたが、役を演じるにあたり調べ、ちえみがナースエイドに対して抱く印象を自分の中で深く探求しました。そして、ちょっとした笑いもありながら、役柄に対して「いやなやつ~!」と思わせる演技ができればと思っています。」と述べています。

古田新太のコメント

古田さんは、最初に感じたのは「医者かー」ということだったと述べています。役者としての賢い役は大変なのだとも付け加えました。しかし、川栄さんがいるから頑張るともコメントしています。

また、古田さんは火神郁男役を演じています。火神郁男は星嶺医科大学附属病院・統合外科の教授で、将来のノーベル賞候補とも言われる人物で、人柄も素晴らしいです。海外でも活躍していたそうです。古田さんは、若き大河を信頼し、可愛がっているとも述べています。

やべきょうすけのコメント

やべさんは、「この度『となりのナースエイド』にご縁をいただき出演させていただけることを嬉しく思っております!」と述べています。また、「主演の川栄さんとは何年ぶりの共演でしょうか… 久しぶりにお会いした撮影現場で相変わらず優しいステキな笑顔で迎え入れてくれて、とても嬉しかったです!」と、共演者である川栄李奈さんとの再会を喜んでいます。

やべさんは、ドラマの中で危険人物・辰巳浩二役を演じています。辰巳浩二は、主人公の姉の死の真相を握る重要なキャラクターで、物語の展開に大きな影響を与えます。

松角洋平のコメント

松角さんは、「この作品に出演できることを非常に嬉しく思っています。共演者の皆さんと素晴らしい時間を過ごすことができ、その中で自分自身も成長できると感じています」と述べています。

また、「まだキャラクターについては詳細は話せませんが、視聴者の皆さんに喜んでいただけるような演技を心掛けています。これからの放送を楽しみにしていてください」と、視聴者へのメッセージを送っています。

瀧本美織のコメント

瀧本さんは、「火神教授の愛娘で、外科医のエリート軍団を率いる私、玲香という役を演じます。自信にあふれている一方で、愛らしいところもたくさんあります。特に、澪や大河先生との関係に注目していただきたいです。彼らとの掛け合いがドラマにスパイスを加えてくれると思います。」と述べています。

また、瀧本さんは、「『ドクターホワイト』で演じた内科医・高森麻里亜と同様の医療ドラマでの役柄を活かしています。玲香は、最初のシーンで澪をストーカーしているわけではなく、彼女のナースエイドとしての働きぶりを観察していたのです。そして、澪が真剣に仕事に取り組んでいることを見抜いていました。」と、火神玲香というキャラクターについて語っています。

成海璃子のコメント

成海さんは、「私が演じる役は、意志が非常に強く、主人公の澪とも深く関わる人物です。作品はコメディ要素が強いですが、秘密が隠されています。この女性の役どころがどのようなものなのかも、楽しみに放送をお待ちいただけたらと思います。」と述べています。

小手伸也のコメント

小手さんは、「猿田はナースエイドに厳しく、特に澪に対しては厳しいです。上司の火神にはお世辞を言い、イケメン天才医師の大河には嫉妬心を抱いています。私はこれまで『クセはあるが実力は本物』という役が多かったのですが、今回は実力も伴わない圧倒的な小物医師(笑)なので、全力で皆さんをイラつかせながら、哀しい中年の卑劣さを大いに笑っていただきたいです。」と述べています。

水野美紀のコメント

水野さんは、「ナースエイドというお仕事は、看護師の補佐的な役割で患者さんに寄り添ったケアをするものです。長年このお仕事をしている人は、体力とコミュニケーション力、そして母性を持つ人です。彼らは4人チームのお母さんのような存在です」と述べています。

また、水野さんは「職場でお母さんのように振る舞い、波風を立てずに居場所を築く姿を演じることに注力しています。その姿がどのような形に仕上がるのか、歴史を想像しながら役に臨んでいます」とコメントしています。

となりのナースエイド  病院などのロケ地はどこ?

となりのナースエイドでシムネスは退治できる?ガンの完全治療機オームスとは?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました